更年期障害に見られる食欲不振・吐き気の症状

sunflair / Pixabay

和食 イラスト更年期障害の症状の1つとして、食欲不振・吐き気があります。更年期に入り急に食欲が落ちてきて、胃腸のコンディションが悪くなったという人は、更年期障害を発症しているケースが殆どです。

「ダイエットに最適」だと思う人もいると思いますが、身体に必要な栄養素が十分に補給できないのならそれは間違った考えです。命にも危険もある恐れがあるため、要注意です。

吐き気は、更年期障害の中でも大変多い症状。突然、吐き気を感じてから、嘔吐することもあるでしょう。吐き気は何の予兆もなく襲ってくるのが特徴で、予測不能で予防が困難です。

主な原因

更年期の食欲不振・吐き気は、エストロゲンの低減が原因だそうです。

胃腸は副交感神経が優位になると働くのですが、ホルモンバランスが乱れて自律神経に悪い影響があると、正常に機能しなくなります。

すると、胃腸が衰退し食欲がなくなり、食物を消化しにくくなり、胃もたれ・吐き気などの症状が現れます。症状は人それぞれですが、激しい吐き気で動けない・何度も嘔吐を繰り返すなどという時は、更年期障害以外の病気を疑った方が良いと思います。

食欲不振はストレスとも関連があり、家庭・仕事・人間関係の悩みなどがあると症状が重くなる傾向があります。他にも、睡眠不足・疲労の蓄積・運動不足・アルコールの摂取のし過ぎ・喫煙なども大きな原因の1つです。心当たりがあるものは、できるだけ排除して行きましょう。

対処法

食欲不振を改良するには、適度な運動が効果的です。ウォーキングや軽いジョギング、ヨガなどの運動がおススメです。それらの運動を活発にすることによりエネルギーを消費しましょう。食欲旺盛になり、日頃のストレス解消にもつながります。

食欲がない時にムリに食べる必要性はないですが、まったく食べないのは考えもの。量より質に重点を置き、栄養価の高い食材を選んで摂取しましょう。しっかり噛んで食べるメニューより、スープや煮込み料理などの柔らかく食べやすいレシピがベストです。食欲や胃腸の働きを刺激する、ハーブやスパイスなども上手に使用しましょう。

吐き気については、まずとにかくホルモンバランスと自律神経を整えることが大事です。医療機関でホルモン剤を処方してもらう方法でも良いですが、エストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボンなどを摂取することも効果的です。また、精神を穏やかに保つことも重要なので、吐き気がきても「すぐに治る」と考えるようにし気持ちを楽にしましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です