更年期で眠れない!?不眠を解消する5つの方法

仕事や家庭のことで悩んで不眠になるという人が多いですね。

そんな時、不思議なことに体が疲れているのに、眠ることができないなんてこともあります。

そのため、昼間に寝てしまって夜に寝られず不眠になるケースと、身体の自律神経の乱れによって眠ることができないというケースがあります。

そのどちらもとても辛いです。

その解消法について、まとめてみました。

昼間は活動する

夜に寝ることができないと思っている人の多くは、昼に寝ているという人が多いです。

そのため、できるだけ夜にしっかりと寝ることができるように生活習慣を見直しましょう。

疲れすぎている場合はリラックスをする

疲れすぎていると、頭がそのまま興奮状態をキープしているので、眠ることができません。

そんな時は、お風呂でリラックスをする、好きなテレビをみるなど、自分がリラックスをすることが出来る方法を探しておきましょう。

少し寝酒を飲む

お酒は、身体の緊張を取ることができるので、少し飲むことによって心地よい眠りに誘うことができます。

その時、飲みすぎてしまうと、余計に眠ることができないということもあります。

また体を壊す心配もあるので、少量として気持ちよくなったら飲むことをやめて、眠りにつくようにしましょう。

寝るタイミングを逃さない

眠たいと思った時、そのタイミングを逃さないことが大事です。

そのタイミングを逃してしまうと、また眠ることができなくなります。

眠たいと思った時に、直ぐに寝ることを心がけましょう。

適度に運動をする

身体の疲れと頭の疲れのバランスが悪い時に不眠になることが多いです。

そのため、ずっとデスクワークをしているという人は、少し運動を取り入れることによって、心地よい眠りにつくことができます。

そしてそれは、代謝をあげることにもなるので、体温を上昇させることができ、その結果、眠りにつくことができます。

不眠は、寿命を縮めると言われています。そのため、できるだけ解消をして良い眠りを持ちましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です