更年期の肩こりを改善することが出来る3つの方法

更年期の女性が持っている悩みとして、肩こりをあげる人が多いですね。

肩こりがひどくなると、頭痛がしたり、吐き気がすることもあります。

あまりひどい場合は、ほかの病気が隠れている場合があるので病院を受診する事が必要となります。

しかし、そのほとんどの場合は、普段の生活習慣によって引き起こされている事が多いのです。

そのため、その生活習慣を見直す事で、肩こりを改善させる事ができます。

その内容について、まとめてみました。

会議の緊張を取る

緊張をすると、肩こりを強く感じる事がありますね。

会議をしているときなど、緊張をするのでその後に肩が痛いと思うことがあります。

そんな時は、その後にリラックスをすることができるようにするといいですね。

その一つに、お茶を飲むということもリラックス効果をあげることができます。

また、そんな時間がないという人は、その会議が終了した時に、腕を回す、肩の周囲を軽くもむなどを行うことによっても、随分と楽になります。

自宅でリラックスをする

そして自宅に帰った時には、その緊張をゆったりほぐすようにしましょう。

その一つに入浴をすることが挙げられます。

入浴をゆったりとすることによって、リラックス効果を高めることができます。

その時、首や肩の周囲の血流を促したいので、首のところまで湯船に浸かるようにしましょう。

すると、血流が良くなり、肩こりを改善させることができます。

またシャワーの場合は、肩に集中的に温かいシャワーをかけることによっても効果をあげることができます。

同じ姿勢を長時間しない

肩こりは、同じ姿勢をすることによって、より悪化をすることがあります。

そのため、同じ姿勢を保たないことが大事です。

机でパソコンを操作しているときなど、時々肩を回す、その場を離れて運動をするなど、同じ姿勢を長時間取らないようにしましょう。

このように普段の生活習慣の中で、見直すことによって辛い肩こりを、楽にすることができます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です